作家向けマニュアル PR

【KDP絵本出版マニュアル①】KDPで絵本を出すまでの流れと用意するもの

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

このページでは、絵本をKDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)で出版したいと考えている方へ、KDP出版までに必要な作業をマニュアル化し公開しています。ぜひ参考にしてくださいね。

今回は、KDPで絵本を出すまでの流れと必要なものをご紹介します。

絵本屋だっこでは、出版支援サービスを行なっております! お一人での出版作業に不安がある方は、ぜひご相談ください♪

絵本屋だっこの出版支援サービスを詳しくみてみる>>

KDP出版で絵本を作成するまでの流れ

まず初めに、KDP出版までに必要な作業を簡単にご紹介します。KDP出版までの流れは、以下のとおりです。

  • ステップ①:絵本サイズを決める
  • ステップ②:絵本サイズより大きなサイズでイラストを作成
  • ステップ③:イラストを絵本のページに合わせてPDF化する
  • ステップ④:絵本サイズに合わせて表紙をつくる
  • ステップ⑤:KDPに登録する(アカウント作成)
  • ステップ⑥:KDPにデータ入稿&出版手続き
  • ステップ⑦:Amazonで販売開始(出版手続きから最大72時間以内)

はじめに出版する絵本サイズを決める理由は、印刷時に画質が落ちる失敗を防ぐ目的です。A4(210mm×297mm)以上など、大きめのサイズで作っている場合は問題ありません。

また、KDP出版に向けた絵本作りでは、絵本と本文をひとまとめにしてデータとしてアップロードできるよう、PDF化や画像化する必要があります。

KDPにアップロード可能なデータは、本文・表紙ともにPDFとなっています(※紙の本として出版する場合)。

 

※電子書籍の場合、本文がmobi(コミッククリエイターでPDFから変換)、表紙がJPEGで用意する必要があります。

KDP絵本出版で用意が必要なもの

KDP出版で必要なものは、以下のとおりです。

  • PC(推奨):イラストのPDF化とKDP手続きのため
  • タブレット(推奨):イラスト作成&取り込みをスムーズにするため
  • 自分名義の口座:KDPの振込用

手書きでイラストを作成される場合、自宅プリンターやコンビニ等でスキャナー取り込みの作業が必要です。またイラストによっては画質が落ちる可能性があります。

そのため、iPad等を使用した電子データでのイラスト作成をおすすめします。

またKDP出版では、操作画面がPC仕様となっているため、PCで入稿等の作業をすることをおすすめします。PCがない場合、タブレットなどでも代用可能です。

KDP絵本出版までの作業におすすめのアプリ

イラスト作成やタブレット・PC・スマホ間でのデータのやりとりをスムーズにするため、以下のようなアプリを使用すると便利です。

  • タブレットのお絵かきアプリ
  • ドロップボックス(データ共有アプリ)
  • canvaもしくはパワーポイント(文字入れとPDF化用)

お絵描きアプリは無料で使えるものがたくさんあります(アイビスペイントClip STUDIOなど)。使用中に広告が入るなどの不便さはありますが、画質は問題なく絵本にも使用できます。

ドロップボックスなどのデータ共有アプリを使用すると、画像の取り込みがスムーズにできます。ドロップボックスはスマホ・タブレット・PCそれぞれに入れておくことで、ツール間でデータを共有できるようになります。

また絵本の文字入れやPDF化には、PCソフトのパワーポイントや、canvaというアプリが便利です。canvaはスマホ用・PC用アプリ、オンラインソフト(サイト)があります。

※上記に紹介したアプリはすべて無料で利用できます。

 

次は、KDPアカウントの作り方をご紹介します。

【KDP絵本出版マニュアル②】KDPアカウントの作り方>>

KDP絵本出版のマニュアルをご用意しています

絵本屋だっこでは、絵本を作りたい作家さんを応援するため、KDP出版までに必要な工程をすべてマニュアル化し、無料で公開しています。マニュアルは以下のページより一覧でご確認いただけます。

作家さん向けマニュアルをみる>>

 

絵本屋だっこでは、出版支援サービスを行なっております! お一人での出版作業に不安がある方は、ぜひご相談ください♪

絵本屋だっこの出版支援サービスを詳しくみてみる>>

 

障害児向け絵本を扱う絵本屋だっこ
絵本作家募集このページでは、KDP出版の概要としてメリット・デメリットと出版までに必要な作業を紹介しています。特に、絵本をKDPで出版したい方には、出版までに必要なマニュアルもご用意しています。絵本屋だっこで障害児支援につながる絵本を作りませんか?...
障害児向け絵本を扱う絵本屋だっこ
絵本屋だっこって?絵本屋だっこは、障害児者の支援を目的とした絵本屋さんです。 絵本作家しょうじあいかの絵本および、寄付を目的に提供いただいた作品の売...